スポンサーリンク

【信用金庫の引き落とし時間】いつ・何時に処理されるの?

信用金庫(信金)の引き落とし時間を、正確に断言することはできません。

同じ信用金庫(信金)でも、本支店ごとに多少のズレが生じるからです。

おおよその引き落とし時間は、1回目が0時〜早朝にかけて、2回目が午後〜夜間にかけて。

一日2回引き落としが行われます。

なので、2回目の引き落としまでに入金(朝一〜お昼までに)すれば、当日入金でも間に合います。

では、当日入金すら間に合わなかったらどうすればいいのか?

残高不足を起こして引き落としができなかったらどうなるのか?

細かくチェックしていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

内容をざっくりまとめると

  • 信用金庫(信金)の引き落とし時間は、0時〜と午後〜夜間の一日2回
  • 2回目の引き落としまでに入金すれば間に合う
  • 朝一〜お昼までに入金すれば基本的には大丈夫
  • お昼以降に入金する時は、念のため事前確認を
  • すでに引き落としが終わっていた場合は、収納企業が指定する方法で支払う
  • 口座への振込が基本の支払い方法

はじめに|信用金庫(信金)の引き落とし時間は本支店ごとに異なる

✔この項目のポイント
  • 本支店ごとに利用者数や引き落とし件数・順番が異なる
  • そのため、信用金庫(信金)の本支店によって引き落とし時間が異なる
  • 詳しい時間を知りたい時は、取引店に電話で問い合わせ

 

信用金庫(信金)の引き落としは一日2回行われますが、本支店によって多少のズレが生じます。

というのも、支店ごとに利用者数や引き落とし件数・順番が異なるからです。

なので、詳しい引き落とし時間を確認したい時は、信用金庫(信金)の取引店に電話をしましょう。

また、当日入金するなら朝一〜お昼までに入金するのがベスト。

もしお昼以降(午後〜夕方)に入金する時は、入金前に確認をとりましょう。

今から入金しても間に合いますか?

もしくは、

何時までに入金すれ間に合いますか?

と確認した後、信用金庫(信金)の引き落とし口座に入金しましょう。

次に、信用金庫(信金)の引き落とし時間・タイミングについて、より詳しく見ていきます。

信用金庫(信金)の基本的な引き落とし時間(おおよその目安)

✔この項目のポイント
  • 毎営業日(平日)引き落としが行われている
  • 1回目:0時〜早朝にかけて
  • 2回目:午後〜夜間にかけて
  • 即時引き落としが行われることもある
  • 2回目の引き落としまでに入金すれば、当日入金でも間に合う

 

信用金庫(信金)の引き落としは、一日2回行われます。

1回目が0時〜午前にかけて、2回目が午後午後〜夜間にかけて行われます。

1回目 2回目
0時〜 午後〜夜間

本支店ごとに多少のズレが生じるものの、おおよその引き落とし時間はこのようになっています。

引き落とし前日までに入金しておけば、100%確実に間に合います。

当日入金であっても、朝一〜お昼までに入金すれば、基本的には間に合います。

 

次に、参考として引き落としの例を見ていきましょう。

例えば、引き落とし額が5万円で、口座残高も5万円だったとします。

この場合、残高が十分に足りていますから、1回目の引き落としで正常に処理されます。

 

次に…

引き落とし額が5万円で、口座残高が4万円だったとします。

この場合、残高が1万円足りませんから、1回目の引き落としが行われません。

そして、2回目の引き落としに持ち越されます。

2回目の引き落としまでに入金し、口座残高を十分にすれば、正常に処理が行われます。

 

2回目の入金までに入金できず、引き落とし日に処理できなかった場合は「遅延」という扱いになります。

その結果、さまざまなペナルティが生じてしまいます。

なので、遅延することのないよう、時間に余裕を持って入金したいところです。

スポンサーリンク

当日入金でも引き落としに間に合う!朝一〜お昼までに入金すればOK

✔この項目のポイント
  • 信用金庫(信金)は一日2回引き落としを行っている
  • 2回目の引き落としまでに入金すれば引き落としに間に合う
  • 朝一〜お昼までの入金で、基本的には間に合う

 

先ほども簡単に記載しましたが、当日入金を朝一〜お昼までにすれば、引き落としに間に合います。

信用金庫(信金)は一日2回の引き落としを行っていて、2回目は午後〜夜間にかけて行われるので。

ただし、あまり夜遅くに入金するのは避けた方がいいです。

提携ATM(コンビニATM)から入金した時に、タイムラグが生じる可能性があるからです。

タイムラグ=入金が反映されるまでに時間がかかること。

なので、できれば朝一〜お昼までに入金する。どんなに遅くても夕方までには入金しましょう。

ちなみに…

夕方に入金する時は、事前に確認をとっておくといいですよ。

お昼以降に入金する時は、念のため事前確認を

✔この項目のポイント
  • お昼以降(夕方や夜間)に入金する時は、事前確認をした方がいい
  • 今から入金しても間に合うか?何時までに入金すれば間に合うか?確認
  • 既に引き落としが終わっていた場合は、収納企業に連絡
  • 引き落とし日のうちに支払えば、遅延扱いにならない
  • 収納企業が指定する口座に振込むのが基本の支払い方法

 

夜間(午後〜夜間)に引き落としが行われるとはいえ、いつ・何時・どんなトラブルが生じるかわかりません。

ATMが使えなくなる、信用金庫(信金)でシステムエラーが発生する…などなど。

なので、夕方や夜間に入金する時は、事前に確認をとってからにしましょう。

今から入金しても間に合いますか?

もしくは、

何時までに入金すれば間に合いますか?

と確認を。

確認先は、信用金庫(信金)の取引店です。

入金が間に合うようであれば、早急に入金を。

もし入金が間に合わない場合は、収納企業(クレカ会社・携帯会社など)に電話をしましょう。

そして、収納企業が指定する方法で支払いをしましょう。
(再引き落とし、指定口座への振込、コンビニ払いなど)

当日入金した時の注意点|引き落としができたか?確認を

✔この項目のポイント
  • ちゃんと引き落としができているか?必ず確認する
  • ネットバンキングで明細を見る、信用金庫(信金)ATMで記帳するなど
  • 引き落としができていないと、遅延扱いになる恐れあり

 

信用金庫(信金)の口座に当日入金した時は、後で必ず「引き落としがちゃんとできているか?」確認してください。

引き落としができないと「遅延」という扱いになり、遅延損害金などのペナルティが生じてしまうからです。

引き落としを確認する方法としては…

  1. ネットバンキング(◯◯ダイレクト)で明細を見る
  2. 信用金庫(信金)ATMで記帳する
  3. 取引店に電話する

といった方法があります。

もし収納企業の引き落とし日を過ぎてしまった(引き落としに遅れてしまった)場合は、すぐ収納企業に連絡しましょう。

引き落としができていなかった時は収納企業に連絡を!

✔この項目のポイント
  • 収納企業=カード会社、携帯会社など
  • 引き落としに遅れた時は、すぐに収納企業に連絡
  • 収納企業が指定する方法で支払いをする
  • 再引き落とし・振込・コンビニ払いなど
  • 収納企業によって支払い方法が異なる

 

引き落とし日に引き落としができなかった時は、すぐ「収納企業に連絡」してください、

連絡を怠り放置していると、収納企業から催促が届くことがあるからです。

なので、1日でも早く連絡した方がいいです。

そして、収納企業のオペレーターにつながったら、

引き落とし日に遅れてしまいました…

とか

残高不足で引き落としができませんでした…

と、正直に伝えましょう。

すると、オペレーターから支払い方法の案内があります。

収納企業によって支払い方法方法は異なりますが、案内に従い支払いを済ませましょう。

 

※収納企業の連絡先(一部)をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

クレジットカード会社の連絡先
楽天カード コンタクトセンター
☎0570-66-6910
イオンカード コールセンター
☎0570-071-090
JCBカード 調査デスク
☎06-6944-2222
三井住友VISAカード 信用管理部
東京:03-6738-7117
大阪:06-6445-3165
オリコカード サービスセンター
※地域によって問い合わせ先が異なる
MUFGカード カスタマーセンター
☎052-259-1761
携帯会社の連絡先
docomo インフォメーションセンター
☎(局番なし)151
もしくは
➿0120-800-000
au お客さまセンター
☎(局番なし)157
もしくは
☎0077-7-111
Softbank カスタマーサポート
☎(局番なし)158
もしくは
☎0800-919-0157
スポンサーリンク

残高不足で引き落としができないとペナルティが生じる

✔この項目のポイント
  • 引き落としができない=遅延、支払い遅れ
  • 収納企業によってさまざまなペナルティが生じる
  • クレカの支払いを遅延すると、遅延損害金や利用停止などのペナルティ
  • スマホ代の支払いを遅延すると、同じく遅延損害金などのペナルティ発生
  • 支払い遅れが長引くと(滞納すると)、強制解約になる可能性もある

 

引き落とし日に引き落としができないと「遅延」という扱いになります。

遅延=短期間の支払い遅れ。

収納企業ごとに生じるペナルティは異なりますが、主に下記のペナルティが生じます。

クレカの返済を遅延すると生じるペナルティ遅延損害金(延滞金)

  • カードの利用停止
  • 催促(ハガキ・電話)
  • 信用情報機関(CIC・JICC)への記録
  • カード会社の社内データに記録

スマホ代の支払いを遅延すると生じるペナルティ

  • 遅延損害金
  • 催促書
  • 滞納が長引くと利用停止になる
  • さらに長引くと強制解約になる

公共料金の支払いを遅延すると生じるペナルティ

  • 納付書(催促)が届く
  • 滞納が長引くとガス・水道などが停止になる

短期間の支払い遅れ・滞納であれば、それほど大きなペナルティになりませんが…

滞納が1ヵ月…2ヵ月…と続くと、どんどんペナルティが大きくなります。

最悪の場合、クレカやスマホが強制解約になることもあるので、絶対に長期間の滞納をしてはいけません。

引き落としができないと信用情報機関にこう記録される

信用金庫(信金)をはじめ、全国の金融機関やカード会社は「信用情報機関」に加盟しています。

日本には3つの信用情報機関があり、利用者の個人情報などが事細かに記録されています。

また、支払い・返済に関する情報も下記のように記録されます。

信用情報機関 記録される情報
(支払い・返済関係)
CIC
(CREDIT INFOMATION CENTER)
残債額、請求額、
入金額、入金履歴など
JICC
(日本信用情報機構)
入金日、入金予定日、残高金額、
完済日、延滞など
KSC
(全国銀行個人信用情報センター)
入金日、入金額、完済日、
延滞の有無、延滞の発生日、
強制解約情報など

入金履歴や入金日が記録される=引き落とし日までに入金していない、残高不足を起こしたことがわかる。

「遅延した」と直接記録されませんが、入金履歴や入金日を見れば、遅延したことがひと目でわかってしまいます。

また、信用情報機関の記録は加盟機関同士で照会・共有されます。

そのため…

遅延すると、その情報も照会・共有されます。

一発で強制解約になることはありませんが、日常生活に不都合が生じる可能性があるので、注意が必要です。
(ローン審査・クレカ発行審査で不利になるなど)

引き落としに間に合わない時は収納企業に連絡を!

✔この項目のポイント
  • 収納企業=カード会社、携帯会社など
  • 間に合わない時は収納企業に早めに連絡を!
  • 事前連絡することで心象の悪化を防げる
  • 信用金庫(信金)に電話をしても「収納企業さまにご連絡ください」と案内される

 

入金が間に合わない。引き落としに遅れそう。

そんな時は、1分1秒でも早く収納企業に連絡してください。

事前連絡をすることで、心象の悪化を防ぐことができます。

怒られるんじゃないの?

とか、

嫌味を言われるんじゃないの?

と思うかもしれませんが….そんなことありません。

カード会社や携帯会社のオペレーターは、かなり丁寧に対応してくれます。

相談も親身に聞いれくれるので、支払いに困った時はすぐ相談しましょう。

スポンサーリンク

信用金庫(信金)の引き落としに関するQ&A

以下、信用金庫(信金)の引き落としに関するQ&Aをまとめました。

Q:信用金庫(信金)の引き落とし日っていつなの?

信用金庫(信金)は毎営業日(平日)引き落としを行っていますが、引き落とし日は収納企業に準じます。

参考例として、スマホ(docomo・au・Softbank)とクレカ(主要カード会社)の引き落とし日をまとめてみました。

スマホ(au・docomo・Softbank)の引き落とし日

キャリア名 締め日 引き落とし日
docomo 月末(末日) 翌月末日
au 月末(末日) 翌月25日or翌月末日
Softbank 10日or20日or月末 翌月6日or16日or26日

クレカの引き落とし日

カード名 締め日 引き落とし日
JCBカード 15日 翌月10日
セゾンカード 10日 翌月4日
イオンカード 10日 翌月2日
MUFGカード 15日 翌月10日
NICOSカード ショッピング:5日
キャッシング:月末
翌月27日
三井住友カード 15日or月末 翌月10日or26日
セディナカード OMC:月末
CF:10日
クオーク:月末
OMC:翌月27日
CF:翌月6日
クオーク:翌月26日
TS CUBIC CARD 5日or20日 翌月2日or17日
楽天カード 月末 翌月27日
オリコカード 月末 翌月27日
ジャックスカード 月末 翌月27日
dカード 15日 翌月10日
エポスカード 4日or27日 翌月4日or27日
DCカード 15日 翌月10日
セブンカードプラス 15日 翌月10日
Yahoo!JAPANカード 月末 翌月27日
エディオンカード ショッピング:5日
キャッシング:月末
ショッピング:当月27日
キャッシング:翌月27日
ビューカード 月末 翌々月4日
UCカード 10日 翌月5日
JAカード 5日 当月27日
エムアイカード 5日 翌月26日or27日
出光カード 10日 翌月7日
au WALLETクレジットカード 15日 翌月10日

Q:引き落とし手数料っていくらかかるの?

引き落とし手数料はかかりません。無料です。

ただし、振込に関しては所定の手数料がかかります。

Q:再引き落としって行われるの?

再引き落としの有無は、収納企業ごとに異なります。

スマホ(携帯会社)の場合、再引き落としが行われるのはdocomoのみ。

通常の引き落としは月末(末日)に行われますが、その時に引き落としができなかった場合は、翌月15日に再引き落としが行われます。

 

クレジットカードの場合、再引き落としが行われるカードが限られています。

再引き落としに対応しているカード会社と、再引き落としスケジュールが次の通り。
(青文字のカード会社名をタッチすると、詳細を確認できます)

カード会社 再引き落とし日
楽天カード 引き落とし日〜4営業日
(契約内容によって異なる)
JCBカード 当月25日、26日、月末まで毎営業日など
契約内容によって異なる
三井住友カード 月末まで毎営業日、指定日のみなど
契約内容によって異なる
イオンカード 平日3日〜5日に再引き落とし
(イオン銀行のみ対応)
TS CUBIC CARD 17日もしくは翌月2日
オリコカード 12日
MUFGカード 月末まで毎営業日再引き落とし
(ただし契約内容によって異なる)
NICOSカード 翌月15日まで毎営業日再引き落とし
(ただし契約内容によって異なる)
dカード 月末まで毎営業日再引き落とし
アメックスカード 契約内容によって異なる
リクルートカード JCB・VISAブランドごとに異なる
DCカード 毎営業日再引き落とし
JALカード 発行会社ごとに異なる
ANAカード 発行会社ごとに異なる
セブンカード・プラス 契約内容によって異なる
JAカード 翌月15日まで毎営業日再引き落とし
エディオンカード オリコ発行のみ再引き落とし
エネオスカード 契約内容によって異なる
ダイナースクラブカード 契約内容によって異なる

信用金庫(信金)の概要

信用金庫は「信用金庫法」によって設立された法人で、地域密着型の金融機関です。

銀行と同じような金融商品(ローンなど)を土地扱っていますが、加盟会員(組合員)などが異なります。

また、銀行は株式会社なので、株主の利益が優先されます。

それに対し信用金庫は、会社(企業)の利益よりも地域社会の利益が優先されています。

信用金庫と銀行・信用組合との違い | 一般社団法人全国信用金庫協会
全国信用金庫協会(全信協)の「信用金庫と銀行・信用組合との違い」について。しんきんは地域に生まれ、地域と共に生きる金融機関です。信用金庫業界のポータルサイトとして全国の信用金庫のご紹介やサポート案内等、信用金庫に関するさまざまな情報を紹介します。

全国の信用金庫一覧

下記の+ボタンをタッチすると、各地区の信用金庫をチェックできます。

北海道地区
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1001 北海道(ほっかいどう)
1003 室蘭(むろらん)
1004 空知(そらち)
1006 苫小牧(とまこまい)
1008 北門(ほくもん)
1009 伊達(だて)
1010 北空知(きたそらち)
1011 日高(ひだか)
1013 渡島(おしま)
1014 道南うみ街(どうなんうみまち)
1020 旭川(あさひかわ)
1021 稚内(わっかない)
1022 留萌(るもい)
1024 北星(ほくせい)
1026 帯広(おびひろ)
1027 釧路(くしろ)
1028 大地みらい(だいちみらい)
1030 北見(きたみ)
1031 網走(あばしり)
1033 遠軽(えんがる)
東北地区
青森県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1104 東奥(とうおう)
1105 青い森(あおいもり)
秋田県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1120 秋田(あきた)
1123 羽後(うご)
山形県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1140 山形(やまがた)
1141 米沢(よねざわ)
1142 鶴岡(つるおか)
1143 新庄(しんじょう)
岩手県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1150 盛岡(もりおか)
1152 宮古(みやこ)
1153 一関(いちのせき)
1154 北上(きたかみ)
1155 花巻(はなまき)
1156 水沢(みずさわ)
宮城県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1170 杜の都(もりのみやこ)
1171 宮城第一
(みやぎだいいち)
1172 石巻(いしのまき)
1174 仙南(せんなん)
1175 気仙沼(けせんぬま)
東北しんきん健康保険組合
福島県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1181 会津(あいづ)
1182 郡山(こおりやま)
1184 白河(しらかわ)
1185 須賀川(すかがわ)
1186 ひまわり
1188 あぶくま(あぶくま)
1189 二本松(にほんまつ)
1190 福島(ふくしま)
北陸地区
富山県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1401 富山(とやま)
1402 高岡(たかおか)
1404 新湊(しんみなと)
1405 にいかわ(にいかわ)
1406 氷見伏木(ひみふしき)
1412 砺波(となみ)
1413 石動(いするぎ)
石川県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1440 金沢(かなざわ)
1442 のと共栄(のときょうえい)
1444 北陸(ほくりく)
1445 鶴来(つるぎ)
1448 興能(こうのう)
福井県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1470 福井(ふくい)
1471 敦賀(つるが)
1473 小浜(おばま)
1475 越前(えちぜん)
甲信越地区
新潟県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1370 新潟(にいがた)
1371 長岡(ながおか)
1373 三条(さんじょう)
1374 新発田(しばた)
1375 柏崎(かしわざき)
1376 上越(じょうえつ)
1377 新井(あらい)
1379 村上(むらかみ)
1380 加茂(かも)
山梨県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1385 甲府(こうふ)
1386 山梨(やまなし)
長野県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1390 長野(ながの)
1391 松本(まつもと)
1392 上田(うえだ)
1393 諏訪(すわ)
1394 飯田(いいだ)
1396 アルプス中央
(あるぷすちゅうおう)
関東地区
群馬県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1203 高崎(たかさき)
1204 桐生(きりゅう)
1206 アイオー(あいおー)
1208 利根郡(とねぐん)
1209 館林(たてばやし)
1210 北群馬(きたぐんま)
1211 しののめ(しののめ)
栃木県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1221 足利小山
(あしかがおやま)
1222 栃木(とちぎ)
1223 鹿沼相互
(かぬまそうご)
1224 佐野(さの)
1225 大田原(おおたわら)
1227 烏山(からすやま)
茨城県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1240 水戸(みと)
1242 結城(ゆうき)
埼玉県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1250 埼玉縣(さいたまけん)
1251 川口(かわぐち)
1252 青木(あおき)
1253 飯能(はんのう)
千葉県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1260 千葉(ちば)
1261 銚子(ちょうし)
1262 東京ベイ
(とうきょうべい)
1264 館山(たてやま)
1267 佐原(さわら)
神奈川県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1280 横浜(よこはま)
1281 かながわ(かながわ)
1282 湘南(しょうなん)
1283 川崎(かわさき)
1286 平塚(ひらつか)
1288 さがみ(さがみ)
1289 中栄(ちゅうえい)
1290 中南(ちゅうなん)
東京地区
東京都
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1303 朝日(あさひ)
1305 興産(こうさん)
1310 さわやか(さわやか)
1311 東京シティ
(とうきょうしてぃ)
1319 芝(しば)
1320 東京東
(とうきょうひがし)
1321 東栄(とうえい)
1323 亀有(かめあり)
1326 小松川(こまつがわ)
1327 足立成和
(あだちせいわ)
1333 東京三協
(とうきょうさんきょう)
1336 西京(さいきょう)
1341 西武(せいぶ)
1344 城南(じょうなん)
1345 昭和(しょうわ)
1346 目黒(めぐろ)
1348 世田谷(せたがや)
1349 東京(とうきょう)
1351 城北(じょうほく)
1352 瀧野川(たきのがわ)
1356 巣鴨(すがも)
1358 青梅(おうめ)
1360 多摩(たま)
東海地区
静岡県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1501 しずおか
1502 静清(せいしん)
1503 浜松(はままつ)
1505 沼津(ぬまづ)
1506 三島(みしま)
1507 富士宮(ふじのみや)
1509 島田(しまだ)
1511 磐田(いわた)
1512 焼津(やいづ)
1513 掛川(かけがわ)
1515 富士(ふじ)
1517 遠州(えんしゅう)
静岡県信用金庫協会
(しずおかけん
しんようきんこきょうかい)
岐阜県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1530 岐阜(ぎふ)
1531 大垣西濃(おおがきせいのう)
1532 高山(たかやま)
1533 東濃(とうのう)
1534 関(せき)
1538 八幡(はちまん)
愛知県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1550 愛知(あいち)
1551 豊橋(とよはし)
1552 岡崎(おかざき)
1553 いちい
1554 瀬戸(せと)
1555 半田(はんだ)
1556 知多(ちた)
1557 豊川(とよかわ)
1559 豊田(とよた)
1560 碧海(へきかい)
1561 西尾(にしお)
1562 蒲郡(がまごおり)
1563 尾西(びさい)
1565 中日(ちゅうにち)
1566 東春(とうしゅん)
愛知県信用金庫
健康保険組合
(あいちけんしんようきんこ
けんこうほけんくみあい)
三重県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1580 津(つ)
1581 北伊勢上野(きたいせうえの)
1582 三重(みえ)
1583 桑名(くわな)
1585 紀北(きほく)
近畿地区
滋賀県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1602 滋賀中央(しがちゅうおう)
1603 長浜(ながはま)
1604 湖東(ことう)
京都府
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1610 京都(きょうと)
1611 京都中央
(きょうとちゅうおう)
1620 京都北都
(きょうとほくと)
大阪府
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1630 大阪(おおさか)
1633 大阪厚生
(おおさかこうせい)
1635 大阪シティ(おおさかしてぃ)
1636 大阪商工
(おおさかしょうこう)
1643 永和(えいわ)
1645 北おおさか(きたおおさか)
1656 枚方(ひらかた)
奈良県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1666 奈良(なら)
1667 大和(やまと)
1668 奈良中央(ならちゅうおう)
和歌山県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1671 新宮(しんぐう)
1674 きのくに(きのくに)
兵庫県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1680 神戸(こうべ)
1685 姫路(ひめじ)
1686 播州(ばんしゅう)
1687 兵庫(ひょうご)
1688 尼崎(あまがさき)
1689 日新(にっしん)
1691 淡路(あわじ)
1692 但馬(たじま)
1694 西兵庫(にしひょうご)
1695 中兵庫(なかひょうご)
1696 但陽(たんよう)
中国地区
鳥取県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1701 鳥取(とっとり)
1702 米子(よなご)
1703 倉吉(くらよし)
島根県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1710 しまね(しまね)
1711 日本海(にほんかい)
1712 島根中央
(しまねちゅうおう)
岡山県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1732 おかやま(おかやま)
1734 水島(みずしま)
1735 津山(つやま)
1738 玉島(たましま)
1740 備北(びほく)
1741 吉備(きび)
1742 日生(ひなせ)
1743 備前(びぜん)
四国地区
徳島県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1801 徳島(とくしま)
1803 阿南(あなん)
香川県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1830 高松(たかまつ)
1833 観音寺(かんおんじ)
九州・沖縄地区
福岡県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1901 福岡(ふくおか)
1903 福岡ひびき
(ふくおかひびき)
1908 大牟田柳川
(おおむたやながわ)
1909 筑後(ちくご)
1910 飯塚(いいづか)
1913 田川(たがわ)
1917 大川(おおかわ)
1920 遠賀(おんが)
佐賀県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1930 唐津(からつ)
1931 佐賀(さが)
1932 伊万里(いまり)
1933 九州ひぜん(きゅうしゅうひぜん)
長崎県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1942 たちばな(たちばな)
熊本県
金融機関コード 信用金庫名(ふりがな)
1951 熊本(くまもと)
1952 熊本第一
(くまもとだいいち)
1954 熊本中央
(くまもとちゅうおう)
1955 天草(あまくさ)

まとめ

  • 信用金庫(信金)の引き落とし時間は、0時〜と午後〜夜間の一日2回
  • 2回目の引き落としまでに入金すれば間に合う
  • 朝一〜お昼までに入金すれば基本的には大丈夫
  • お昼以降に入金する時は、念のため事前確認を
  • すでに引き落としが終わっていた場合は、収納企業が指定する方法で支払う
  • 口座への振込が基本の支払い方法
タイトルとURLをコピーしました