スポンサーリンク

【みずほ銀行キャッシュカード再発行】所要時間や手数料は?

磁気不良や破損(割れ・欠け)、変形などが原因で、みずほ銀行のキャッシュカードが使えなくなった。

こんな時は再発行が必要になります。

では、みずほ銀行のキャッシュカードは、どうやって再発行するのか?

また、必要な持ち物はあるのか?手数料はいくらかかるのか?

といったことも、詳しく見ていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
スポンサーリンク

内容をざっくりまとめると

  • キャッシュカードの再発行は、下記いずれかの方法で手続き
    1. 店頭(取引店以外でも大丈夫)
    2. ネット(みずほダイレクト)
    3. 電話
  • 最短で再発行できるのはネット(1〜2週間)
  • 店頭や電話は約10日ほどかかる
  • 即日再発行することはできない
  • 再発行手数料として1,000円(税別)かかる

みずほ銀行のキャッシュカードを再発行する方法

✔この項目のポイント
  • 店頭で手続き
  • ネットで手続き
  • 電話で手続き

 

みずほ銀行のキャッシュカードは、3つのいずれかの方法で再発行できます。

簡単かつ所要期間が短いのが「ネット」での手続き。

店頭や電話で手続きをすると、新しいキャッシュカードが届くまでに約10日かかります。

ですが、ネットだと最短1週間で届きます。
(最長で2週間ほどかかることもある)

なので、急ぎであればネットで再発行の手続きをしましょう

 

次に、ネット・店頭・電話それぞれの手続きについて、詳しく見ていきます。

ネットで手続き(所要期間 1〜2週間)

  1. みずほダイレクト(ネットバンキング)にログイン
  2. 「各種手続き」メニューを開く
  3. 「通帳・カードの再発行」に進む
  4. 必要事項をすべて入力
  5. 内容を確認後、申込み

 

ネットで再発行の手続きをする場合、まずはネットバンキング「みずほダイレクト」にログインします。

スマホ・パソコンのどちらにも対応しており、24時間365日いつでも利用できます。

ログインしたら「各種手続き」のメニューに進み、「通帳・カードの再発行」を選択。

そして、必要事項をすべて入力し、内容を確認したら申込みをタッチ。

誤字脱字があると確認の電話がくることもあります。

再発行の申込みが受理されると、1〜2週間ほどで新しいキャッシュカードが届きます。

店頭で手続き(所要期間 約10日)

  1. 必要なものを持って最寄りの店頭に行く
    (キャッシュカード・手数料・本人確認資料が必要)
  2. 窓口で「キャッシュカードを再発行したい」と伝える
  3. 行員の指示に従い、必要書類に記入
  4. 本人確認資料を提示する
  5. 手続き完了後、約10日で新しいカードが届く

 

店頭で手続きする場合は、最寄りのみずほ銀行窓口に足を運びます。

この時、取引店(口座開設店)でなくても大丈夫。

会社の近くにある店舗などでも、再発行手続きを承ってくれます。

ただし、下記の持ち物が必要なので、忘れず持参してください。

  • 破損・き損したキャッシュカード
  • 再発行手数料(税別1,000円)
  • 本人確認資料
  • ※届出印

※紛失・盗難にあったキャッシュカードを再発行する場合は「届出印(取引印鑑)」も必要

また、曜日や時間帯によっては窓口が混雑するので、待ち時間が生じます。

窓口での手続きが完了したら、約10日ほどで新しいキャッシュカードが届きます。

電話で手続き(所要期間 約10日)

  1. 専用ダイヤル(0120-415-581)に電話
  2. オペレーターに「キャッシュカードを再発行したい旨」を伝える
  3. 案内に従い本人確認などを済ませる
  4. 確認&手続き完了後、約10日で新しいキャッシュカードが届く

 

IC不良・磁気不良再発行専用フリーダイヤルに電話をして、キャッシュカードの再発行を申込むこともできます。

ただし、一部のキャッシュカードは対応していません。

その場合は、ネットや店頭で再発行を申込みましょう。

受付対象外のカード

  • クレジット一体型カード
  • 代理人カード
  • 社内キャッシュサービス兼用カード
  • 当座カード
  • 普通預金・貯蓄預金一体型カード
スポンサーリンク

盗難・紛失による再発行の流れ

✔この項目のポイント
  • まず「利用停止の手続き」をする
  • その後、再発行の手続きをする

 

みずほ銀行キャッシュカードを紛失した、または盗難にあった。

この場合、まずはキャッシュカードの利用停止手続きをします。

連絡先は取引店、もしくはみずほ銀行喪失受付センターです。

連絡できる時間帯が、月〜金(祝日・振替休日を除く)9時〜17時の場合は「取引店」に連絡。

上記以外(土日祝日・振替休日・早朝や深夜)の場合は、喪失受付センターに連絡。

みずほ銀行の取引店 ▶ATM・店舗のご案内
みずほ銀行喪失受付センター ➿0120-415-415

 

利用停止の手続きが完了したら、次はキャッシュカード再発行の手続きを進めます。

ネット(みずほダイレクト)もしくは店頭窓口で、再発行手続きを進めましょう。

再発行する時に必要な持ち物について

✔この項目のポイント
  • キャッシュカード
  • 本人確認資料
  • 手数料(税別1,000円)
  • ※届出印

 

店頭窓口で再発行手続きをする場合、これらの持ち物が必要です。

手数料については、後日みずほ銀行の口座から自動で引き落とされます。

また、破損・き損したキャッシュカード再発行の場合、キャッシュカード・手数料・本人確認資料があれば手続き可能ですが…

紛失・盗難による再発行の場合は、届出印(取引印鑑)も必要になります。

忘れると手続きを受け付けてくれない可能性もあるので、忘れず持参しましょう。

届出印がわからなくなった(紛失した)時はどうすればいいの?

みずほ銀行の届出印がどれか分からなくなった。もしくは紛失してしまった。

この場合は、届出印の変更手続きが必要になります。

届出印の変更に必要なもの

  • 通帳もしくはキャッシュカード
  • 新しく登録する印鑑
  • 本人確認資料

どこの店舗でも手続きできますが、取引店以外の店舗で手続きすると、登録が反映されるまでに1週間ほどかかってしまいます。

取引店で手続きすれば、その場で反映されます。

なので、急ぎであれば取引店で手続きをしましょう。

そして、そのままキャッシュカードの再発行手続きに移りましょう。

代理人に依頼するなら「委任状」と「本人確認資料」が必要!

✔この項目のポイント
  • 契約者本人でなくても、キャッシュカードの再発行は可能
  • ただし「委任状」と「本人確認資料」が必要

 

みずほ銀行のキャッシュカード再発行は、原則として契約者本人が手続きする必要があります。

事情によって、どうしてもみずほ銀行の店舗に行けない…

という時は、家族などに依頼することもできます。

いわゆる「代理人による再発行手続き」です。

ただし、代理人に依頼する時は、下記のものが必要になります。

代理人に再発行を依頼する時に必要なもの

  • 委任状
  • 代理人の本人確認資料

委任状の準備については、みずほ銀行の取引店にお問い合わせください。

もしくは、下記のページから印刷(ダウンロード)することもdきます。

【無料ダウンロード】委任状の書式(ひな形・テンプレート) - 事務屋ドットコム
■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

再発行手数料は1,000円(税別)

✔この項目のポイント
  • キャッシュカードの再発行手数料は1,000円(税別)かかる
  • 基本的には後日口座から引き落とされる
  • 希望すれば店舗窓口で支払うことも可能

 

みずほ銀行のキャッシュカード再発行には、1,000円(税別)の手数料がかかります。

支払い方法は「口座引き落とし」が基本。

後日、みずほ銀行の口座から引き落とされる形です。

窓口で支払いたい…。

という時は、その旨をみずほ銀行の行員にお伝え下さい。

スポンサーリンク

再発行にかかる時間は1〜2週間くらい

✔この項目のポイント
  • みずほ銀行のキャッシュカードは、即日再発行に対応していない
  • おおよそ1週間〜2週間ほど時間がかかる

 

みずほ銀行のキャッシュカード再発行を申込んでも、その場ですぐには発行されません。

手続きの方法にもよりますが、短くても1週間ほど〜長引くと2週間ほどかかります。

手続きの方法 所要期間
ネット 1〜2週間
店頭 約10日
電話 約10日

新しいカードが届くまでは、キャッシュカードなしの生活が続きます。

通帳を使ってみずほ銀行のATMから引き出す。

みずほ銀行のネットバンキングから他の口座に移し、その銀行のキャッシュカードを使ってATMから引き出す。

このような方法で乗り切りましょう。

即日再発行には対応していない

✔この項目のポイント
  • 申込んだその日に再発行することはできない
  • 新しいカードが届くまでは、通帳を使って引き出す
  • もしくはネットバンキングから他の口座に移し、引き出す

 

繰り返しになりますが、みずほ銀行のキャッシュカード再発行には、1週間〜2週間ほど時間がかかります。

即日再発行には対応していません。

新しいキャッシュカードが届くまでは、ちょっと不便な生活が続きますが…

通帳を使って引き出すなどして対処しましょう。

新しいカードが届いたら、古いカードは処分してOK

✔この項目のポイント
  • キャッシュカードの再発行が受理されると、古いカードが使えなくなる
  • なので、新しいカードが届いたら古いカードは処分してOK
  • ハサミで細かく裁断してからゴミ箱に捨てる

 

新しいキャッシュカードは郵送で届きます。

受取時に本人確認を求められるので、免許証や保険証を提示してください。

古いカードについては、ご自身で処分してOKです。

念のため、ハサミで細かく裁断してからゴミ箱に捨てましょう。

こんな時は再発行が必要!主な場面4つ

✔この項目のポイント
  1. 磁気不良
  2. 破損・変形
  3. 紛失
  4. 盗難

 

みずほ銀行のキャッシュカードが必要になる場面として、主に4つあります。

それぞれの詳細が次の通り。

1.磁気不良

みずほ銀行のキャッシュカードは、磁気不良を起こすことがあります。

例えば、

  • 他のキャッシュカードの磁気と干渉する
  • クレジットカードの磁気と干渉する
  • 経年劣化で磁気が弱くなる
  • 手帳型スマホケースの磁石の影響を受けた

…といったことが原因で磁気不良を起こします。

磁気不良は自然回復する症状ではありません。

なので、所定の方法でキャッシュカードを再発行する必要があります。

2.破損・変形

みずほ銀行のキャッシュカードは消耗品です。

また、それほど頑丈なものではありません。

地面に落とした衝撃で割れてしまう、他のカード類に圧迫されて変形してしまう。

さらに、長く使うほど劣化していきます。

磁気不良と同じく、劣化は回復する症状ではないので、再発行が必要になります。

もう一点。

変形・破損したキャッシュカードは、絶対に使ってはいけません。

ATMから出てこなくなるなど、二次トラブルの恐れがあるからです。

3.紛失

財布をまるごと落としてしまったとか、たまたまキャッシュカードを無くしてしまったとか。

このような場合も再発行が必要になります。

ただし、紛失した場合は再発行よりも先に「利用停止」の手続きをしてください。

不正利用される可能性がゼロではないので、まずは利用停止手続きをしましょう。

4.盗難

いつ・何時・どんなタイミングで盗難にあうか?わかりません。

財布やカードの盗難にあったら、こちらも利用停止の手続きを最優先してください。

盗難・紛失ダイヤルは24時間受け付けているので、時間や曜日に関係なくすぐ電話しましょう。

まとめ

  • キャッシュカードの再発行は、下記いずれかの方法で手続き
    1. 店頭(取引店以外でも大丈夫)
    2. ネット(みずほダイレクト)
    3. 電話
  • 最短で再発行できるのはネット(1〜2週間)
  • 店頭や電話は約10日ほどかかる
  • 即日再発行することはできない
  • 再発行手数料として1,000円(税別)かかる
タイトルとURLをコピーしました